北海道内で禁煙するための禁煙治療が受けられる病院

日本ではたばこの害による病気の発症について、高い関心を持っているために、禁煙への推奨を行っています。
北海道でも医療機関での禁煙治療が受けられるように、禁煙外来の設置が進んでいます。
医療機関で禁煙治療を受けることで、保険が適用されますので、費用の面において軽減させることができます。
北海道内でたばこを止めたい人の場合には、条件を満たしている医療機関を受診することで、自己負担額が3割で治療を受けることが可能です。
北海道で禁煙治療が受けられる医療機関は多く、ニコチン製剤による治療や禁煙補助剤の処方を受けることができます。
禁煙補助剤にはチャンピックスが多く用いられており、認可を受けている医薬品となります。
たばこを止めることが難しい大きな理由として、ニコチンには依存症を発症させる作用があることから、禁煙を行ったときに切望感や、眠気、吐き気、頭痛などの離脱症状が起こることが挙げられます。
従来までのニコチン製剤を使用した治療法では、ニコチンの摂取量を少しずつ調整していくことで、たばこの本数を減らしていく治療法でしたが、チャンピックスの服用を行う場合にはニコチンを摂取しない方法となります。
チャンピックスにはニコチン受容体と結びつく効果があることから、たばこを吸っていなくても一定の満足感を得ることができます。
また、チャンピックスを服用していると、喫煙によって摂取したニコチンが受容体と結合することを阻害しますので、たばこを吸っても満足感が得られなくなります。
そのためにたばこへの切望感を減らすことが可能となり、禁煙の成功率を高めることができます。
チャンピックスの服用は3か月間行う必要があって、禁煙治療を医療機関に受診しにいくことで成功率が上がります。

ページトップへ